目の病気が疑われる場合は、早めに医療機関を受診すると早い回復に繋がります。目の病気には様々な種類があり、症状も治療法も異なります。白内障は高齢者に多い目の病気で、様々な原因によって水晶体が濁ります。白内障の原因で最も多いのは加齢ですが、個人差があります。

点眼薬を使うと進行を遅らせる効果は期待できますが、完全に進行を阻止するのは不可能です。白内障が進んで視力が低下した患者でも、手術を行えば視力の回復が可能になります。白内障の手術は成功率が高いですが、担当医と相談して治療方針を決めます。手術では水晶体の濁りを取り除き、眼内レンズと呼ばれる人工の水晶体を移植します。

手術の時間は10分程度で、乱視用の眼内レンズを使えば乱視も治せます。アレルギー性結膜疾患は、痒みなど様々なアレルギー反応が起きます。涙が出る症状も多く、治療ではアレルギーの原因物質を特定して適切に対応します。ドライアイは現代人に多い病気で、涙の質や量が変化して結膜や角膜に傷が付きます。

ドライアイを発症すると、目の乾燥など様々な症状が出ます。膜の薄くなった部分は涙で守られないため細菌やウイルス、異物の影響を受けやすくなります。涙の異常には大きく分けて2種類に分類され、量的な異常は涙が減ります。質的な異常は、涙の性質が変化して悪くなる状態です。

刺激を受けて乾くと、目は反射的に涙を流して膜を安定させます。ドライアイの治療法では、点眼薬による薬物治療が広く知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です