緑内障は眼球内の圧力上昇を引き起こす眼科疾患を指します。圧力の上昇は視神経に影響を与え、視力低下を引き起こす可能性があります。治療しなければ視力障害や失明を引き起こす可能性があります。初期には、自覚症状がないことが多いです。

視野が損なわれる頃には、そのダメージは永久的なものとなっています。緑内障の進行は、点眼薬やレーザー治療、手術がありますが、早期診断が重要です。家族に罹患歴がある人や高齢者はこの病気のリスクが高くなります。白内障は高齢者に多い目の病気のひとつで、視力障害や視力低下を引き起こすことがあります。

白内障は水晶体の濁りであり痛みのない、視界がぼやけが症状です。加齢とともにゆっくりと進行していきます。70代半ばになると、ほとんどの人の角膜に白内障のような変化が見られます。加齢以外の白内障の原因としては、糖尿病や外傷、紫外線の過剰な照射などが挙げられます。

定期的な眼科検診の際に医師が確認することができます。白内障の治療には、眼鏡と拡大レンズ、手術があります。手術は濁った水晶体を取り除き、人工の水晶体に置き換えるので劇的な効果があらわれます。手術の必要性やリスクについては、眼科医と相談する必要があります。

加齢黄斑変性症は、年齢に関係なく発症する目の病気ですが、通常は60歳以降に発症します。年齢に関係なく発症する目の病気ですが、通常は60歳を過ぎてから発症します。この眼疾患は、網膜の中心部でピント合わせを担う黄斑を徐々に破壊していきます。視力の中心部のみが影響を受けるため、全盲になることはほとんどありません。

湿性型と乾性型の2種類があり、湿性黄斑変性症は網膜の裏側にある異常な血管が伸び始め、中心部の視力が急速に低下することがあります。乾性黄斑変性症は、時間の経過とともに中心視力が低下していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です