視力が悪くなってしまった人の多くは、ある一定の距離にしかフォーカスを合わせることができません。その範囲から離れてしまうと、近くにあるものでも遠くにあるものでも同じようにぼやけてしまいます。こうした問題を解決するには、近いところを見るメガネと遠いところを見るメガネの両方を持つことです。見たいものが置かれている状況によってメガネを使い分ければ、実質的にはどの距離にあるものでもクリアな視界が実現されることでしょう。

とはいえ眼鏡を常に複数持ち歩くのは現実的な解決策とは言えません。そこでオススメなのが遠近両用タイプのメガネです。たった一つのメガネで近いところと遠いところにフォーカスを合わせることができ、どのような状況においても見えにくいと悩まされる事がありません。少しでもご自身の視力を改善したいのであれば遠近両用のメガネを購入することをお勧めします。

ではなぜ遠近両用のメガネは複数の距離にあるものに視点を合わせることができるのでしょうか。その秘密はレンズの仕組みにあります。通常はレンズはある一点にフォーカスを合わせるように作られています。ところが遠近両用タイプのメガネに使われているレンズは、複数の距離にフォーカスを合わせられるように設計されているのです。

具体的にはレンズの中央部分と端の部分で機能が変わっており、それらを使い分けることで近くも遠くも見えるというわけです。このタイプのメガネならばひとつだけで済みますから、外出時もきっと楽になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です