眼鏡は様々な人がかけています。その年齢層も広く、若い人から年をとった人まで利用します。中には、小さな子どもでもこれをかけている場合もあります。このように多くの人に利用されているものですので、大変身近なものとして感じる人も数多くいます。

その種類には、近視と遠視用があります。近視用の場合には、そのままでは網膜の手前に像を結ぶ事を調整するために、焦点を後ろにずらすような工夫がされてきました。それに対し遠視用のもの場合には、焦点が網膜の手前に来るように設計されています。このように、近視や遠視のそれぞれについて開発されているのですが、場合によってはその両方が必要であるという人も知られています。

特に年をとった人では、目のレンズを変形させる力が弱くなっていますので、全体的には遠視になるのですが部分的に近視の部分があるという人もいるわけです。従来は、そのことに対応できるようなものがありませんでした。人によっては、場合により近視用のものをかけたり遠視用をかけるというふうなことを行っていました。このような状況の中で、遠近両用眼鏡というものが開発されたのです。

遠近両用眼鏡では、広い部分は遠視用なのですが、その中の一部が近視用という風になっています。遠近両用眼鏡をかけた人は、普段外の景色などを見る際には遠視用の部分を利用し、手元の書類を見る時には近視用の部分を利用するというような活用を行っていくわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です