ドライアイとは目が乾燥することです。乾燥することで目に痛みを伴います。涙が少なくなるため、目の表面が乾燥しますが、なぜ涙の量が少なくなるかといった原因は詳しくはわかっていません。免疫疾患関係のいくつかはドライアイを引き起こすことがわかっていますが、その以外は不明になっています。

もし目に痛みを伴うのであれば眼科で診てもらうほうがいいです。ほとんどは目薬で対処療法という形になります。完治する人もいれば完治せずに目薬で一生を送る方もいます。いろいろな要因が考えられることであり、誰がなってもおかしくないです。

ドライアイは男性よりも女性に多いことが分かっていますから、女性ホルモンも多少影響していると考えられます。若い女性に多いため、若さと女性が一致する確率が高いほどドライアイになりやすいといった理屈でもあるのです。ドライアイだとわかれば、目薬で対応していくと同時に、紫外線をあまり浴びないことです。浴びすぎると余計に進行が進んでいきますので大変になります。

やり易い体質であるのかなにのかは、眼科で調べてくれますから安心できます。目は大切は感覚器官ですから、一番大切にしなければなりません。目が見えなくなると、すべての生活が成り立たなくなるので怖いです。健康を考えるとき、感覚器官である目のことをもっと良く認識することです。

そのことで健康を保つことができるのです。自分のことだと思って体全体すべてをもっと大切にしましょう。ドライアイのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です