パソコン作業時間が長かったり、コンタクトレンズを長時間使用することで引き起こされる目のトラブルが、ドライアイです。目が乾く・コンタクトレンズがゴロゴロするといった目の不快な症状を引き起こすことで知られています。失明に繋がる病ではないものの、目が疲れやすくなることや涙が出にくくなるなど、生活の質を落としてしまう病気です。実はドライアイはこれまで、「涙の量が減少する」ことが原因と考えられてきました。

ところが近年では、症状の原因は「涙が目の表面に留まることが出来ない」ことが原因であることがわかっています。これは目の成分である膜型ムチンが減ることで引き起こされると考えられているのです。ドライアイがすぐに完治することは、非常に難しいものです。ですが、点眼液を使用することで日常生活に支障をきたすことなく生活を送ることが出来ます。

涙が出にくい・ものが見えにくいといったときには、眼科医に相談することが大切です。ドライアイは複数の原因が考えられるため、何が悪化要因なのかは専門家の判断によって異なります。コンタクトを頻繫に使用している場合は、土日などに目を休ませることが必要です。さらに点眼用の液も種類があります。

人工涙液タイプから水分・ムチンを補給するタイムまで用意されているのです。使い分けには医師の指示と患者さんの好みや使い勝手といった要因が絡み合います。ドライアイに効果のある目薬は、ドラッグストアなどで手に入るので、気長に治療に取り組むことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です