目の乾燥始めとし様々な目の症状を引き起こす病気にドライアイが挙げられます。どのような病気なのかと言うと、涙が目の表面を守っていますが、この涙の量や水分が少なくなることにより発生します。日本では何と800万人以上の人ドライアイを患っているとも言われています。その原因は様々なものが挙げられますが、目が乾きやすくなる生活習慣が1番大きく影響しているとされています。

予防や症状を和らげるためには、どのような対策を行えば良いのかを把握することが重要です。ドライアイになりやすい人には特徴があり、注意すべき生活習慣もあります。まず最初にコンタクトレンズを使っている人ですが、使っていない人と比べると目が乾くとされています。特にソフトコンタクトレンズの人は、ドライアイの割合が多いけどにあるでしょう。

次にVDT作業に携わっている人ですが、VDT作業とはパソコンやスマートフォンなどのようなモニタを見つめる作業のことを指しています。このような作業を行っているとまばたきが減ってしまうので、長時間続けることでなりやすいです。またこれと同じように長時間運転をする場合にもまばたきが減る傾向にあるでしょう。さらには乾燥した環境にいる場合です。

冬場や乾燥した室内では症状は悪化しやすくなると言えるでしょう。夏においてもエアコンの風を朝人時間浴びれば同じような症状が出やすくなります。このような特徴に当てはまる人は、ドライアイになりやすい傾向にあるため十分に注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です