ドライアイとは目の表面が乾燥して、瞬きをするとちくちく痛みを伴います。そのような自覚を気にしたらドライアイを疑ってください。目に関することですからまずは眼科受診をお勧めします。完治するのではなく、目薬で対処していく方向になります。

完治する人もいればいない人もいますので、症状も様々であります。目薬の成分は涙とほぼ同じですから、目薬で涙を補っていると考えていいです。目を乾燥させることは目の表目に傷がついてしまい、炎症や視力低下を進行させていきますから慎重にする必要があるのです。たかだドライアイと考えていると大変なことになりますから、くだんのような症状を覚えたらすぎに眼科なのです。

目という感覚器官はひじょうに繊細なつくりをしていますから放置しておくと器官がだめになっていきます。ドライアイも立派な病気ですから早期に治す必要があるのです。注意することは外で太陽光を浴びすぎないことです。場合によってはサングラスをかけたほうがいいでしょう。

屋外で何かをするときはそのへんを勘案しておくことです。また疲れることが多ければ、ストレスをためないように気分転換をすることです。ストレスによって交感神経が活発になって涙の量が少なくなるからです。ゆっくりした時間を過ごすことも大切なのです。

体全体のことですから健康を意識する生活を送りましょう。健康第一というのは当然のことであり、案外意識していないものです。意識づくりを心掛けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です