ドライアイになると慢性的な目の不快感が引き起こされ、症状が気になって日常生活にも影響を及ぼす恐れがあります。生活の質の低下にもつながりますので、早期に受診をして適切な治療を受けるべきであり、原因となるものを取り除かないとなかなか改善されません。最近ではパソコンやスマートフォン等の目の疲労を引き起こすようなものに触れる機会が多くなっていますので、ドライアイに悩まされるケースも増加しているようです。症状を改善するための研究は進んでおり、目の不快感を改善するような方法も色々と出てきています。

既に何らかの症状があらわれていてまだ受診していないという人は、自分でできる対策を行うことが大切です。例えば、コンタクトレンズはリスクを高めますので一時的に眼鏡で生活することも有効ですし、家や職場でエアコンの直風が当たらないように気を付けることでも良くなります。エアコンのきいている部屋は空気が乾燥しますので、その部屋にいるだけでも症状が引き起こされることがあり、乾燥が酷いと感じる場合には加湿器で対応する必要があります。毎日の睡眠がしっかりと取れていない場合にも注意が必要です。

ドライアイを改善するためにはきちんと睡眠を取らなければなりません。人によっては瞬きの回数が極端に少なすぎるケースもあるようです。瞬きをすることがドライアイを防いでくれるのですが、集中している時には忘れてしまいがちですので、意識的に瞬きをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です