目に気になる症状が出ている場合は、早めに眼科を受診します。目の病気は、軽い症状でも専門医の診察を受けるのが基本です。日本でもパソコンやスマートフォンの普及で目の疲れや充血、乾燥に悩む人が増えています。目は、紫外線など外部からの様々な刺激で炎症を起こします。

充血が取れない場合は、目の病気が原因の可能性もあります。感染性結膜炎やドライアイ、アレルギー性結膜炎は炎症によって充血を引き起こします。パソコンのディスプレイを長時間見ている人や寝不足が続いている人も、充血が起こりやすいです。花粉症などのアレルギー性結膜炎は、正しい治療で症状が軽くなります。

アレルギー性結膜炎は、アレルギー反応を引き起こす物質が目の表面に付着して炎症が起こります。目の病気には様々な治療法で対処しますが、アレルギー性結膜炎の基本は薬物療法です。高齢化社会に伴って増えている加齢黄斑変性は、視力の低下を引き起こす目の病気です。目の中に入る光は、網膜で受取り視神経に伝達します。

黄斑は網膜の中心部分で、黄斑が変化すると視力の低下など様々な症状が出ます。日本では生活習慣病で悩む男女が増えていますが、糖尿病網膜症は糖尿病の合併症です。糖尿病の患者は血液の流れが悪くなりやすく、網膜に栄養や酸素が不足すると糖尿病網膜症の原因になります。進行すると出血が起こり失明に至る患者もいるので、気になる症状が出ている場合は早めに診察を受けます。

目の病気のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です