目の病気で悩んでいる場合は、眼科での診療が回復への近道です。ドライアイや緑内障、網膜剥離など目の病気には様々な種類があります。目の病気を疑っている場合は、軽い症状でも早めに眼科を受診して検査を受けます。中高年世代の患者が多い緑内障は、自覚症状が乏しい目の病気です。

緑内障は、眼圧が上昇する原因によって分類されています。障害を受けた視神経は元に戻らないので、緑内障の治療では眼圧を下げる治療が基本です。眼圧検査や視野検査、眼底検査などで診断を行い眼圧を下げる目薬を使用します。眼圧が高くない人でも、眼圧を下げると病気の進行を抑えられます。

点眼薬を使用しても視野の欠損が進む場合は、外科治療を選択します。失った視野は戻らないため、緑内障は早期発見が重要になります。網膜剥離は、網膜が剥がれて視野が低下する目の病気です。目の中に入る光を受取り視神経に伝達する網膜は、剥がれても痛みを伴わない特徴を持ちます。

網膜の中心になる黄斑部分まで剥がれてしまうと、視力が急激に低下します。光凝固法は網膜の裂け目を塞ぐ方法で、レーザーを網膜の穴に照射します。網膜剥離が認められる場合は、元の位置に固定するための手術を行います。網膜剥離は治療が早いほど視力に対する影響が少なくなるため、早期発見と早期治療が重要になります。

急に視力が低下した人や飛蚊症の悩みを抱えている人は眼科を受診し、検査結果を踏まえて適切な治療を受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です